ユーキャンの『スイーツコンシェルジュ検定』は仕事に繋がる資格?

ユーキャンでスイーツコンシェルジュ講座が学べる!仕事にも繋がる資格とは!?

スイーツコンシェルジュという資格をご存じですか?

名前を見ればスイーツに関する資格だということはお分かりですね。

この資格はモンサンクレール(東京・自由が丘)のオーナーシェフであり、
日本スイーツ協会代表理事も務めるパティシエの辻󠄀口博啓さんが監修されている
スイーツについて総合的な知識をもった「スイーツ界の案内人」のような存在です。

スイーツコンシェルジュ検定は民間資格ではありますが
結論から言いますと
趣味だけでなく仕事にも十分繋がる検定です。

スイーツコンシェルジュ検定は、学習レベルに応じて【ベーシック】、【アドバンス】、【マスター】の3段階に分かれています。

今回は、スイーツコンシェルジュの入り口である【ベーシック】検定が受講できる
ユーキャンのスイーツコンシェルジュ講座について実際に受講している僕が詳しく
解説します。

ユーキャンのスイーツコンシェルジュ検定ベーシックでスイーツの基礎知識をつける

スイーツコンシェルジュ検定ベーシックでスイーツの全てが学べる!
出典:photoAC

スイーツコンシェルジュ検定ベーシック試験の出題分野はこちら。

  • 世界の銘菓とスイーツ文化
  • スイーツの分類
  • 製菓材料の特徴と性質
  • 成果素材と基本構成要素
  • スイーツ育

ユーキャンのスイーツコンシェルジュ《ベーシック講座》では、これらの5分野を2冊のテキストを使用してスイーツについて総合的に学習していきます。

スイーツのイラストを見ながら、歴史やお菓子の秘話や作り方などを学習!

さらに、製菓材料について実践で使える知識も身につけられ、お菓子作りを趣味としている方やスイーツレシピを書いてみたい方にも、もってこいの内容になっています。

有名パティシエのレシピ本がついてくる

77種類ものスイーツが作れるレシピ本がゲットできます。

子どもと一緒に作れる基礎の簡単なスイーツから、ワンランクアップでお友達に披露したくなるようなものまで収録されています。

お菓子作り初心者でも安心して始められるように、DVDが付いており、動画で簡単に
わかりやすく教えてくれます。
ホットケーキや牛乳を混ぜるだけのフルーチェぐらい簡単なデザートしか
作ったことない人でも大丈夫ですよ!

スイーツコンシェルジュの標準学習期間

講座受講期間は、標準で5ヵ月とされています。
5ヵ月も勉強するのは長くない?と思った方もいるのではないでしょうか?
でもよく考えてみてください。
もし、スイーツコンシェルジュではなく、パティシエを目指すなら、今から専門学校へ入学し洋菓子製造を学ぶか、職場を変えてパティシエに弟子入りして長い期間をかけて知識や技術を学ぶ選択肢しかありません。
今の生活を投げうってパティシエを目指すのは、現実的とは言えません。

しかし、スイーツコンシェルジュ講座はたった5ヵ月です!

試験の難易度も条件を見れば分かるように決して難しくないです。
僕も今まで様々な資格や検定を受講してきましたが、自宅で受験ははじめて。
「合格が約束されたようなものじゃないか!?」と内心すごく驚きました。
車の免許取得の方が30倍むずかしいし気力と労力使いますね…。

先ほどもお話ししたようにスイーツ好きなら楽しみながらサクサク読み進められる教材を見つつ、レシピ本を見て実際に作りながら、製菓材料についての知識を身につけていけば、無理なくこなしていけます。

ユーキャンのスイーツコンシェルジュ検定ベーシック通信講座

>>公式サイトユーキャンはこちら

スイーツコンシェルジュ資格でできる仕事

スイーツコンシェルジュ資格で仕事ができる!?

もちろん、趣味として楽しむこともできますがお仕事としてこの資格を活用することができます。
例えば、こんな人たちにはピッタリ。

・スイーツライター
・お菓子作り教室の講師
・スイーツに関する仕事の人
・製菓や洋菓子店で働きたい人
・自分のカフェを持ちたい人

これらの仕事には間違いなく役立つ資格です。
スイーツコンシェルジュという名称1つで、あなたがスイーツについて学んだ人であることを証明することができるからです。

しかも、スイーツコンシェルジュに認定されると会員特典が盛りだくさんです。

なかでも、注目はこれらの5つ!!

  • 会員向け各種セミナー・講座に参加
  • スイーツコンシェルジュ限定の交流会に参加
  • スイーツライターとしてメディアで執筆
  • 商品開発モニター/コンテスト審査員などへの参加
  • 公式サイトへの記事投稿

セミナーや講座には、すでにパティシエの方からカフェ経営、お菓子教室運営、ライターまでスイーツ業界で活躍されている方やこれから始めようとしている方などスイーツに興味のある様々な分野の方がいらっしゃいます。

そのため、スイーツについて趣味の域を越えた情報を得るきっかけができるんです。

だから、将来自分が大好きなスイーツ関係の仕事をしてみたいという方には、これ以上ない交流の場となるでしょう。

商品開発モニターでは、いち早く最新のスイーツを味わうことができ、またスイーツ分野を得意とするスイーツライターとして、公式のサイトで記事の作成もできます。

では、どうしたらスイーツコンシェルジュになれるのでしょうか?

通信講座だけではスイーツコンシェルジュにはなれない

実は講座を修了するだけでは、スイーツコンシェルジュにはなれません。

試験に合格して日本スイーツ協会に会員登録して初めてスイーツコンシェルジュを名乗ることができます。
では、スイーツコンシェルジュになるにはどうしたらいいでしょうか?

スイーツコンシェルジュになる方法として2つのルートがあります。

  1. 独学をおこない日本スイーツ協会で受験し合格する

  2. ユーキャンのスイーツコンシェルジュ検定ベーシックを受講(4つの課題提出と在宅受験で合格。)

合格後、日本スイーツ協会に登録することでスイーツコンシェルジュ資格が得られます。

独学と通信講座どっちがいいの?比較調査!!

独学の場合と通信講座の場合の違いについて紹介します。

独学(日本スイーツ協会)ユーキャン スイーツコンシェルジュ講座
費用一般:15,000円
学生:10,000円(テキスト込み)
再受験 一般・学生:5,000円
受験料支払い後のキャンセルは不可
一括払い 39,000円
分割払い 3,300円×12回=39,600円(税込み)
送料無料・教材到着後8日以内の返品可能(返送料のみ自己負担)
学習期間約1~2週間標準学習期間5カ月
学習方法テキストテキスト・DVD・オンライン学習
試験試験会場(全国)
正解率70%
在宅受験
課題3回提出+検定(正解率70%)
スイーツコンシェルジュ受験費用の比較(独学とユーキャンのスイーツコンシェルジュ通信講座)

両方を比較してみるとかなり違いがあります。

それぞれの特徴から、どちらの方が向いているのかメリットをまとめてみました。

独学のメリット

  • 少しでも費用を抑えたい
  • 途中で資格取得を断念しても出費負担が少ない
  • スイーツ分野の知識に自信がある人はサクッと受験できる
  • 学習期間を短期集中型にできる(資格がすぐに欲しいなど)

通信講座のメリット

  • スイーツ初心者でも基礎からしっかり学べる
  • テキスト学習が苦手でもDVDで学習できる
  • 確実に試験合格できる
  • 自宅で受験できる

このように分けられます。

また、通信講座には合格後に自由課題があります。
こちらの課題に関しては自由提出なので、提出しなくても試験の合否に影響ナシです。

通信講座なら自分の作ったスイーツをプロが評価

課題スイーツ4品の中から、挑戦したいレシピを1品選んで自分で作ります。
専用のレポート用紙に感想文を書き、写真1枚を添付して提出するだけなので簡単です。

スーパースイーツスクールに評価してもらえる貴重な機会なので、挑戦してみると良いでしょう。
スイーツコンシェルジュ同士の共通の話題にもなりそうですね。

スイーツコンシェルジュ検定ベーシックの過去問は?

出典:ユーキャン公式サイト

残念ながら過去問の掲載はありませんが、安心してください。
スイーツコンシェルジュ試験対策用のWebテストがあります。

ユーキャンでは受講期間中に利用できる「学びオンライン プラス」があり、テキストだけでなく手軽にスマホやパソコンでも学習ができます。

その中のコンテンツの一つがWebテストです。
採点結果もすぐに見れるのでどれくらい覚えたか再確認するのに役立ちます。

他にも実技の動画も見られるので、繰り返し復習をするのに便利ですよ。

その他にも、講座の進め方やテキストのわからない所も質問ができるので安心ですよ。
(1日3回まで)

もし忙しくて標準受講期間の5ヵ月で終わらなかったという方でも
受講開始から12ヵ月までサポートがあるので社会人にもやさしい講座と言えます。

自分のペースに合わせて勉強が進められます。

このように、マーク式の添削課題が全部で4回あります。

スキマ時間を上手に使ってお仕事や学校生活と両立してスイーツコンシェルジュを目指せそうですね。

受講者からの口コミ・評判

実際に受講されている方の情報をTwitterで探してみると…

  • テキストはカラー!とても分かりやすいです。
  • スイーツの成り立ちから学べます。
  • 繰り返しテキストを読み返して覚える必要があります。
  • 課題のスイーツ作りは楽しそうです。

実際にレシピ本を見て、作られているのを見るとワクワクしますね♪
未来の自分もこんな感じになるのかな?と想像できます。

受講生のツイートは受講中の感想や段階をイメージしやすいですし、リアルな声として素直な感想ばかりなので信頼できますね。

スイーツコンシェルジュ認定された方の感想

スイーツコンシェルジュ認定には、合格後日本スイーツ協会に登録が必要です。
初年度15,000円(登録料5,000円+年会費10,000円)

実際に認定を受けた方をTwitterで見つけました。

  • ユーキャンで取得されています。
  • フリーアナウンサーの方も取得されています。
  • スイーツコンシェルジュとして記事の執筆ができます。

認定後はいよいよ一歩踏み出す時ですね。

講演会・セミナー・商品モニター、記事の執筆など楽しみなことがたくさんありますね。

よくある質問のまとめ

〇 受験資格はありますか?

年齢や資格を問わずどなたでも受験いただけます。スイーツについて全く知識がないという方でも基礎から学べます。

〇 試験に合格できない場合はどうなりますか?

試験は、総合点の70%以上で合格となります。また、万が一不合格の場合でも受講期間内であれば、3回まで受験が可能です。

〇 どんな試験ですか?

世界の銘菓とスイーツ文化・スイーツの分類・製菓材料の特徴と性質・製菓素材と基本構成要素・スイーツ育の5分野から出題されます。

解答形式はマークシート方式です。

まとめ

スイーツコンシェルジュは、スイーツが趣味の方から仕事で活用したい方まで、幅広く取り組める民間資格です。

スイーツの知識をブラッシュアップして、友達と一緒にデザート巡り!さりげなく知識を披露したい。

「スイーツの専門ライターとしてスイーツの情報を発信して活躍したい」
「自分のカフェをもちたい」
「趣味のお菓子作りを極めたい」など様々なシーンで活かせます。

合格後にスイーツ協会に認定されれば、会員特典でスイーツ業界の方や、これから始めようとしている方々と交流を深めることができる特典もあります。

大手のユーキャンでとれる資格なので安心ですね。
合格するまでの学習を総合的にサポートしてくれます。

無料で資格取得までのスケジュールやテキストの進め方が教えてもらえるので、
まずは資料を取り寄せて、将来のヴィジョンを明確にするところからですね。
外堀から固めていく方が、目標は達成しやすいです。

今後の半年間のスケジュールが計画的に立てられるようになったので
僕自身、もっと早く動きはじめればよかった!と思いました。
資格取得は、やろうと思った時がいちばんの始めどきですよ。

ユーキャンのスイーツコンシェルジュ検定ベーシック通信講座

>>公式サイトユーキャンはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました